最終更新日: 2012年2月3日

AT Atlas

AT Atlasは、ターゲットタンパク研究プログラム技術開発研究課題である「生産」、「解析」ならびに「制御」の成果を、Cell Illustratorなどによる概要図と技術の概要や活用事例のテキストを組み合わせて、分かりやすく表現することを目指した枠組みです。AT Atlasによって、あるタンパクの構造や機能を解明した実験方法を理解することができます。さらに、AT Atlasから実験プロトコールデータベースPREIMSへのリンクを辿って、実験を実際に始めるに十分な精密な実践的情報を入手することができます。Cell Illustratorは東大医科研 宮野悟教授らのグループが開発したパスウェイ描画ソフトウェアです。)

「生産」領域

「解析」領域

「制御」領域

キュレーター

  • 名前: 宮本青、重元康昌、水谷尚志、岩柳隆夫、菅原>秀明
  • 所属: ターゲットタンパク研究プログラム情報プラットフォーム 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
  • 問合せ先: 問合せ先

推奨ブラウザ

  • Windowsの場合
  • Internet Explorer 8以上, FireFox3.6以上, Google Chrome7.0以上
  • Macintoshの場合
  • Safari5.0以上
ページトップへ